気ままに旅行紀~豪華客船で。バックパックで。~

客船で働きながら世界をふらふらと周遊。バケーション中の旅行の思い出やら情報やらを気ままに記録。どこかの誰かの役に立つ情報があれば…?

憧れのYes/Noゲームショーに参加する

さてさて、休暇スタートする船に無事乗船。船内では様々なイベントが朝から晩まで繰り広げられ、私が今回絶対参加したいと夢見ていたイベントがありまして‥それは

 

Yes Noゲームショー。

 

このゲームはとってもシンプル。ステージにはインタビューする人と、される人。
インタビューされる人、つまり挑戦者は絶対にYesかNo、もしくは相槌をうったり、英語以外の言語でYes、Noの意味を含む言葉を言ってしまうとアウト。
Yes、Noを言わずに会話を3分間続けられれば挑戦者の勝利

このゲームがとっても面白い。ずっとクルーの時はTVでみてきてファンだった私は、初めてお客さんとして参加してみようと決心!
挑戦したい人は沢山いて、ショーが始まる前に紙に出身国と自分の名前を書き、ランダムにそこから挑戦者が選ばれるというもの。

ちなみに3分間会話を続けられた人にはシャンパンかお酒を飲まない人にはタンブラーなどがプレゼントされる。

この日のために練習してきた、私。。笑

この日のオーディエンスは50人くらい?もっといたかな。人のゲームは笑って見ていられる。司会進行していく人とインタビューする人、皆話の運びが上手い、うまい。ジョークも挟みながら。

そしてゲーム中盤に私の名前が呼ばれたーー
ついに!!


f:id:yuki2328:20170611131225j:image

マイクチェックをして、ドキドキしながら。

3・2・1・・スタート

インタビューしてくれる人と挨拶。

”So, did you have a good day?"(今日は良い日だった?)
この日はナポリで外に出たなぁーピザ食べたし良い日だったなーと頭の中で考えて
”Yes, I had a good day"
と速攻でYesと言ってしまった、私。自分でも気づかず、オーディエンスの皆がわーーと言っていて気づいた。
あんなに練習したのにまさかの記録7秒。。笑


f:id:yuki2328:20170608231552j:image

司会の人にも最短記録7秒ですと紹介され、ステージを去った・・・
ちなみにこの日は15人?くらいステージに立ったけど私が最短記録だった。恥ずかしすぎる。
しかもこれ船内テレビに登録され1ヶ月間いつでも見れるようになる・・一生の不覚orz

忘れられない思い出作りもできましたよっと笑

しかし、この記録は1週間後にフロリダ出身のマダムに塗り替えられるのでした・・笑 ちゃんちゃんっ。

ローマのアイスクラブに潜入する

さてさて、ローマに4日間。何をしよー。ひたすら美味しいもの食べて、ぶらぶらするのもいいけど、どっか行きたいなー。と相方ちゃんとお話。

彼女も私も観光名所といって言い所はほとんど回った・・
ちょっと面白いとこ行ってみたいという話になり。。
ホテルで貰ったローマ市内マップに乗ってたアイスクラブに行ってみようと。
マイナス5度?だかが味わえて室内の机やグラスは皆氷でできているという。
入場料15ユーロで1ドリンク付き、ローマ市内地図にのってるアイスクラブの広告を見せれば1ショットただでくれるらしい。
地図でみるとめちゃくちゃ簡単で、コロッセオのすぐそば。
なのに迷った・・・笑
けど迷っても町並みが素敵なのがローマ。
もっと分かり易いところにあるかと思ったら、意外と表通りじゃなく裏通りみたいなところにあった。


f:id:yuki2328:20170608232031j:image


f:id:yuki2328:20170608232048j:image

午後5時オープンのところ、午後5:30くらいに行ったところ私達以外誰もいなかった。そうだよね。早いよね。入り口でお金を払い簡単に説明をうけ、あんまり可愛くないビニールみたいなマントを着せてもらう。ファーとかついてて可愛いコート出て来るかと思って勝手に期待してた・・

こんな感じの防寒具をまとっていざ。

f:id:yuki2328:20170608232102j:image

(新しい携帯変なスタンプしかなかった・・笑)

中は結構狭くて、誰もいないし、とにかく寒かった。当たり前よねw
1ドリンク目オーダーするとアイスでできたグラスに飲み物が。テーブルも壁も。


f:id:yuki2328:20170608232210j:image

テンション上がって、たくさん写真をとるがやはり寒い。


f:id:yuki2328:20170608232234j:image

 

ネットで、1杯飲んでおかわりする人はほぼいないでしょうって書かれてた。寒くて皆出たくなっちゃうらしい。
しかも寒いからか、お酒ってあまり感じなかった。お酒強くないのに、飲めた。
頑張ってショットも飲んで、速攻外に。15分も滞在しなかったかな。
外のもわっとした暖かい空気に触れると、体の感覚が戻ったのが、お酒がまわってきたー。
そのまま駅に向かって電車で休憩。
ホテル近くのお気に位入りのご飯屋さんでディナー。
スーパーでお菓子とお酒、ジュースを買って、ホテルの部屋でお喋り。あー幸せやー。
休暇の自由な時間を満喫。
とにかく幸福度を次の半年連勤まで貯めなければ・・・

船から船への乗り継ぎ~不味いパスタを食べるinローマ滞在4日間~

半年間のお仕事を終え、今回は初めて休暇の1ヶ月を船でお客さんとして過ごすことに。

シルクロードクルーズといってヨーロッパからスエズ運河を通過しアジアに向かう船が4日後に港にやってくるので、それまで港から足を伸ばして4日間ローマで待つことに。

 

大学時代の友達がCAとしてヨーロッパに住んでいつので、彼女と前もって今回の休暇を一緒にローマで過ごせるよう計画をしてきた。

 

ローマはお互い以前来たことがあって、大体の観光名所は回った。

なので、今回の旅のテーマは"とにかく美味しいものを食べ、ゆったり過ごす。"

我ながら本当に贅沢だと思う。だってローマにきてひたすら食べては、ゴロゴロするんだから・・・最高なバケーションの幕開けやー❤

 

そんな私達ひたすら食べた、食べた。

パスタ、ピザ、ジェラート、、、、

そして粉もの、炭水化物ばっか摂取した後はアジア料理が恋しくなった。私はほぼ半年ちゃんとしたアジア料理は食べていない。。。。

ネットで調べて、美味しいらしいお寿司屋さん。

ハマセイさんのランチ、寿司セット。15ユーロ。絶品!量といい、お味といい完璧!


f:id:yuki2328:20170608214904j:image
f:id:yuki2328:20170608215024j:image

 

そしてRistorante Gainnさんの韓国料理セット。これまた確か15ユーロ。韓国の漬物類チマチマ沢山出て来る感じに感動。ローマでは野菜不足だったから本当来てよかったと思った。


f:id:yuki2328:20170608214909j:image

 

どっちも絶品、本当に美味しかった。

 

最終日はやっぱりイタリアっぽくパスタでしめようとジェノベーゼカルボナーラのスパゲッティ。イタリアで食べるパスタ、ピザはすべて美味しいんだと思ってた。

特に下調べもせず、目に入った人が多く入ってる割とテルミニ駅近くのレストランで。

まさかのこれが美味しくない・・・・!衝撃。しかも両方とも。食べる人によって賛否両論あるかもだけど、スパゲッティが茹ですぎてる感じ、ソースかかってるのに美味しくない・・イタリアで食べるからって全部が全部必ず美味しいってわけじゃないんだと学んだ・・・他のお店はめっちゃ美味しいとこばっかだったから余計ビックリ。

f:id:yuki2328:20170608214927j:image

 

けど締めは良くしたいから最後にテルミニ駅でレモンタルトとティラミスデザートに買った。これはめっちゃ美味しかった!


f:id:yuki2328:20170608215013j:image

 

憧れのギリシャへ行く〜サントリーニ編〜


ギリシャの中でももっとも楽しみにしていたのが、サントリーニ。
が、私まさかのIPM。。。IPMとは"インポートマンニング"といい、もしもの緊急時にそなえ行動するクルーの当番のようなもの。
すべてのクルーメンバーにそれぞれあった仕事が任されており、港につくときは必ず当番がある。
私の場合は各クルーズに2回くらいある。
まさかのサントリーニ、IPMということは船にいなきゃいけない。。。ただただ船から外を眺めるだけ。。。
でもIPM、どうしても代わって欲しいときには同じ当番ローテーションの人達に相談してもし、どっとみち仕事で出れない人なんかがいたりしたら代わってもらったりできる。
ただ、今シーズン第一回目のサントリーニ。。。みんな出たいところ。
しかもIPM交換(お互いのIPMを交換)ではなく、ただ代わって欲しいだけなので聞きづらい・・・
同僚で仲良しのOBSM(次回のクルーズ予約をしているマネージャー)とサントリーニの話に何故かなったときに「憧れのサントリーニ、IPMなんだ。今回最初で最後かも。アン、外でる?」
て聞いたらアン、「え!行ったことないの!しかも、これ逃したらもう下船じゃん!サントリーニ大好きだけど何十回も来たことあるから(彼女は10年以上働いているベテランさん)代わってあげるよ」
とのこと。
めーーーっちゃ嬉しい!!
しかもいろんな人に長年夢見たサントリーニ・・という話をしたらOia&Fiaのツアーにいかせてもらえることに。
ギリシャの島々は大型客船が着岸できず、テンダーボート(小型船を出して港と船を行き来する)になることが多い。
テンダーボートを降りると、サントリーニの断崖絶壁。。。その上には真っ白な家々が。
そこまで行くにはケーブルカーもしくはドンキーにのって崖の上まで。
その登ったところがすぐFiaという町。
Oiaというのが最も有名でサントリーニの写真によく使われる青い天井ドームの教会と町並み。
そこまで行くにはツアーに行くしか方法がないらしい。

朝8時出発。めっちゃ曇り。
え、念願のサントリーニ。。。

f:id:yuki2328:20170608024637j:image
雨とか降ってくるんじゃないかってくらいのどんより。テンダーとバス移動をしてOia(発音はイーアらしい)に。
そしたら奇跡的に晴れてきた。
そしてギリシャでもミコノスともカタコロンとも違う感じ。
バスから見える景色にちょいちょい、畑っぽいのが。ガイドさんによると、サントリーニはワインが有名らしく栽培も行われている。が、他のワイナリーと違うのが、ブドウを吊るして育てない。


f:id:yuki2328:20170608024835j:image

崖の上にあるワイナリーは季節によっては強風でブドウが全て飛ばされてしまうそう。
なので、ブドウは土の上で育てられるらしい。面白いなー。
そしてOia周辺にはホテル、お土産屋さん、レストラン等があるんだけど全部ユニークな形、けど統一して白い壁にポイントで青が入っている。
そしてかなり高い崖の上にひしめき合っているから絶景!


f:id:yuki2328:20170608024934j:image
f:id:yuki2328:20170608025103j:imagef:id:yuki2328:20170608025144j:image


ちなみにOiaの意味は”ユニーク””唯一無二”というよーな意味だとガイドさんが言ってた。
一度はみたい、絶景。来れて良かった。本当に綺麗だし、こんな風景他ではみたことない。

f:id:yuki2328:20170608025009j:image


f:id:yuki2328:20170608164134j:image

お土産も超絶可愛い!しかもそんなに高くない。


海、火山層、統一された真っ白な建物、みるもの全てに心奪われる。


f:id:yuki2328:20170608025421j:image
f:id:yuki2328:20170608164105j:image



そんな経験がお仕事しながら、出来て本当に私は幸せものだとともにアンやら上司やらツアーの子やらに感謝の気持ちでいっぱい。
この後は本当お仕事頑張ろっ!!という気になった。
さーがんばろ。

 

ちなみに後日またサントリーニに来たのだけど、二回目は客船が3隻来てて、ケーブルカーの待ちが登りも帰りも一時間くらいかかった。一回目は一隻しかきてなかったから空いてたし、帰りのケーブルカーもそんなに待たなかった…船で来るなら、他の船が沢山来てない時のが断然いいなぁー

ケーブルカー待ちきれず、ロバで登ってた人達もいたけど、帰りは特に危険らしい。乗ってみたかったけど、いろんな人のロバ体験談聞いてやめた^^;

憧れのギリシャへ行く〜ミコノス編〜


今回のクルーズはバルセロナから11日間かけてローマまで地中海をまわるというもの。
そして今コントラクト、私にとって最初で最後の夢のクルーズ。(次はプライベートできたい)

カタコロンに続きまして、次はミコノス!!!!
ミコノスも来てみたかった、ギリシャのポートの一つ!

ミコノスにつき、船から町までシャトルバスが出ているとのこと。
お客さんはチケットが有料なので歩いていく人もいた。
距離としてはそんなに遠くないけど、歩いたら少し遠いかなぁという感じ。
バスで5分?くらい。
昨日いったカタコロンとは違って栄えている雰囲気。


f:id:yuki2328:20170606230805j:image

真っ白な壁のホテルがいくつも並んでおり、そこから海もみえる。

今日はナイトマネージャー(夜勤フロントのスーパーバイザー)のフィオとジュニアホテルコントローラーといって船内の様々な納品カウントやらスペシャルサービスのお仕事をしているネルソンと三人で街歩き。

床も壁も、高級ブランドもお店もお土産屋さんもみんな真っ白!!


f:id:yuki2328:20170606230855j:image
f:id:yuki2328:20170606230948j:image

それに天井や窓枠がブルーだったりする。
ほとんどのお店や建物がギリシャカラーの青と白。
街中迷い込んでも、青と白。。。もう可愛い!!


f:id:yuki2328:20170606231014j:image

どこ歩いても、どこ見ても恋するレベル!

ミコノスの町の有名な写真スポットといえば、風車から見下ろす海岸沿いの町並み。
ということで皆でそこにいった。


f:id:yuki2328:20170606231123j:image
f:id:yuki2328:20170606231226j:image



結構船で旅している同僚はGoPro持ってる人が多い。
Goproは小型で持ち運びに便利で、写真のクオリティーもすごい。
そして防水なのでカリブ海シーズンにもとても人気である。
フィオがGopro持ってるので三人で写真とることに。

そして最新のGoproでのセルフィー、自撮りは音声撮影。
初めて知った!
「Gopro、Take a photo!」と言うと本当に写真を撮ってくれた。
めっちゃ簡単やし、便利やなーー
と沢山写真撮って町歩きしてうっとり〜〜

さぁ、明日は念願のサントリーニ!!ドキドキがとまらないーー

憧れのギリシャへ行く〜カタコロン編〜

今から5年前、大きなリュックを背負ってヨーロッパ周遊したとき、

唯一行けずに心残りだったのがギリシャ

それからというもののずっと

「行ってみたいところは?」と聞かれれば必ずギリシャ!と答えてきた。

あの青い空の下にひしめき並ぶ真っ白なお家、異国の地・・・

ちなみにこの船員生活を始めるにあたって

目標は「ギリシャにいくこと。ギリシャに船で行けたら仕事辞めてもいい」

と極端なことを言い続けてきた。

 

というのも、ヨーロッパシーズンといえば日本シーズンとだだ被り。暖かくなってくる春から秋ごろまで。

だからアジア人、日本人であるわたしが日本シーズンに行かずにヨーロッパに飛ばされるという可能性は非常に低い。。ので今回ヨーロッパ航路に少しだけでもこれたのは本当に嬉しかった。

 

さてさて、初ギリシャのポートは一度も聞いたことないところ。

ミコノスやサントリーニではなくカタコロンというところ。

 

船に乗船し、各寄港地の説明やお客さんの質問に答えてくれるポートレクチャー フリオさんの話によると、

カタコロンには約700人しか住んでおらず、とっても小さな町。


f:id:yuki2328:20170606203528j:image


f:id:yuki2328:20170606203539j:image

カタコロンからは電車、バスなどで”オリンピア”まで行けるらしくそれがとっても人気らしい。

オリンピアはオリンピックの起源となった場所らしい。

港を降りるとオリンピア行きのバスの呼び込みがすごい。

看板を皆もっており、3ユーロだよー、こっちは2ユーロでいけるよー。とのこと。

 f:id:yuki2328:20170606203557j:image

時間的に余裕がなかったので、私は初カタコロンを散策することに。

ちなみにあとから電車のお兄さんに聞いた話によると電車は往復10ユーロで行けるしぼられたりしないけど

3ユーロとかのバスでいくと、帰りのバスは高い値段をふっかけられることもあるらしい。

 

カタコロンの町はというと、とってもこじんまりしてるんだけど・・

やっぱり可愛い!!


f:id:yuki2328:20170606203727j:image

町の色合い、そしてお土産屋さんで並ぶもの、、何もかも珍しくて楽しい!

ドキドキがとまらないーーー笑

ギリシャのお土産といえば、オリーブやオリーブの石鹸、海藻スポンジ、刺繍いりの白い服などなど。

f:id:yuki2328:20170606203817j:image

f:id:yuki2328:20170606203952j:image

一緒に最近よく外にでるゲイのお友達と写真とりまくり。

彼、やたら写真のとり方のこだわりがすごい。

「うん、とってもよく撮れてるけど、左の部分をもっと写すとバランスがいいわー」

「次はこのポーズするからこっちの角度からとってー」

などなど、なるほど私より美意識高いな。と思いながら撮影会。


f:id:yuki2328:20170606203929j:image

そしてギリシャといえば・・・・Gyors?みたいなタコスみたいなやつが有名ということでそれ食べた!
f:id:yuki2328:20170606204114j:image

なんと、豚肉、鶏肉、フライドポテトと野菜が入ってかなりお腹にたまりそーなやつがたったの2ユーロ。

ギリシャって物価高いのかと思ったけどアホほど高いことはなさそう。

それからアイス食べて、町を散策して帰宅。

カタコロン、可愛い町だったなー

いつかは電車でオリンピアまで行ってみたいなー

モンテネグロで絶景を見る

モンテネグロには前同僚だったお友達が現在住んでいるので、今度来たら案内してあげるよーとのこと。

 

そもそもモンテネグロってどんなとこ??

 

全くイメージも湧かない..

 

友達、サンヤはセルビア人だが5年前からモンテネグロに惚れ込んで移住したそう。

言葉もほぼ同じで通じるのだとか。

 

モンテネグロのコトール。大きな船は着岸できないので、テンダーボートで10分もないくらいで着いた。

 

何食べたい?と聞かれたので

時間も午前10時くらいだし、

"モンテネグロの朝ごはんが食べたい"

と言ったら、

これがザ・モンテネグロの朝食だよっと。
f:id:yuki2328:20170520051744j:image

オムレツにプロシュート。それにフェタチーズ。これが典型的なモンテネグロの朝ごはんとのこと。。おしゃれー


f:id:yuki2328:20170522213424j:image

それから3人で一時間かけてコトールのフォートをハイキング。

 

最初は余裕ぶっこいてた私。

 

結論からいって運動不足の人には結構キツイ坂でした!

 最初はこんな感じ。で石がでぼこぼした坂道。左手には石の階段が。

ここは登ってくる人と、降りてくる人でゆずりあいながら使用。

f:id:yuki2328:20170522213358j:image

だんだん道も滑りやすく、ケーブルカーもないため登りが結構キツイ..

登るのに必死であんまり行くまでの写真がないけど、石畳の方が意外と滑りやすくて、みんな靴でも滑ってた。

f:id:yuki2328:20170522213448j:image

のぼりきったら絶景だった!このあと5日は階段の登り降り辛かったけど..またいつかきたいな!
f:id:yuki2328:20170522213516j:image