気ままに旅行紀~豪華客船で。バックパックで。~

客船で働きながら世界をふらふらと周遊。バケーション中の旅行の思い出やら情報やらを気ままに記録。どこかの誰かの役に立つ情報があれば…?

チャウダー革命

アラスカといえば、新鮮なシーフードが沢山。

カニもロブスターもサーモンも美味しいけど、

なんといってもオススメしたいのが、チャウダー!!

日本で今まで食べてきたような俗に言う「クラムチャウダー」(貝入ってる)のとかと全然アラスカのチャウダーは違った!

とにく濃厚で、チャウダーというのは貝以外にも魚やかシーフードがいろいろ入っているものが

多くめっちゃ美味しい!

アラスカに来てから何度も食べてきた。。

どこのお店でも大抵カップサイズかボウルサイズか選べるんだけどお腹空いてないとボウルは結構量がすごくてアメリカンなサイズだから注意・・・

 

チャウダーってボストンでも有名だけど、ボストンの食べたことないなぁー

同じようにめちゃくちゃ濃厚なのかな。

 

今シーズン 第一回目のチャウダーは大好きなスポーツバーの

「ハリブットチャウダー」 アラスカでよくとれる白身魚が入ってる。

f:id:yuki2328:20170820053809j:image

ジュノーでケーブルカーで山の上まで行ったとこのレストランで

食べた「サーモンチャウダー
f:id:yuki2328:20170820053758j:image
またまたお気に入りのスポーツバーの・・

あ、これは本日のオススメスープってやつでシーフードスープ。

チャウダーほどどろっとしてなかった。

チャウダーってそもそもなんなんやろ。
f:id:yuki2328:20170820053742j:image
そしてこちらは本日、Whittierにて初めてThe inn at Whittierのレストランにきてみたー!

雰囲気も良いし、サーモンとお野菜のチャウダー美味しかった。またこよっと。
f:id:yuki2328:20170820053732j:image

 

 

 

オフの過ごし方〜in スキャグウェイ、アラスカ〜


さて、ここ最近1週間に1回やってくるスキャグウェイ。


f:id:yuki2328:20170820053428j:image

かつてはゴールドラッシュが盛んだったそう。

クルーズ船が来る町としては本当に小さいので、

「まばたきすると見逃しちゃうよ」 と言ってるのを聞く。

本当に小さいこの町で私がほぼ必ず行く場所は2つ。

 

一つ目はタイ料理が美味しい、確か「Starfire」というお店。

タイで食べたら、5分の1くらいの値段だろうなーと思いつつも

なかなかアラスカシーズン食べられないタイ料理。


f:id:yuki2328:20170820052906j:image

しかもアラスカは食料は輸送してきたりするのに、元々コストがかかるんだろーな。

食べ物類はどこもアラスカ価格。

タイ以外にも日替わりインドカレーがあって、これも美味しかった!

パイナップル入っててめっちゃ嫌なんだけど、ダメ元で抜ける?て聞いたら

なんとお豆腐に変えてくれた!美味しかったー


f:id:yuki2328:20170820052920j:image

ここは結構クルーのたまり場になっている笑

 

そして2つ目はSugar Mamaというカップケーキ屋さん。

雰囲気が可愛いのと、自分へのご褒美感でいつも2つ買って帰る。

ショーウィンドウのを見て注文するといつも奥から新しいカップケーキに目の前で上のトッピング(ホイップクリームとかアラザン?系)してくれる。


f:id:yuki2328:20170820052935j:image
 

 

食べ物のことばかり書いたなぁ。。。笑

ちなみにスキャグウェイはwifi料金が高いようで、どこのお店(スタバも)いってもwifi入ってない。

ネット使わず、友達とご飯はシンプルに楽しむのにいいかもねー

 

そうそう、帰り道にサーモンの川登?をみた!


f:id:yuki2328:20170820053453j:image

大量のサーモン達が一生懸命逆流の方向に登ってた。

8月はアラスカ中の川で見られる光景らしい。

9月になると産卵を終えた死骸だらけの川になるらしい・・・

川に近づくと匂いで分かるって皆言ってた。

 

 

久々の更新〜アラスカ編〜

前回、シルクロードクルーズといってヨーロッパから中東や東南アジアを経由してシンガポールまでくるクルーズのことをもっと書こうと思っていましたが、かなりサボってしまいました。

 

気ままに思いついたときに書いていこうかなーまた。

ちなみに今、私はアラスカクルーズに乗船中です。

今回はお仕事。アラスカクルーズは初乗船のお客様が非常に多く、前回乗っていたカリブ海のときのリピーター様の率が全然違う。

特にそれを実感するのが、一日目。

私は自分のデスクがあり、ある特定のお仕事をしているのですが、アラスカクルーズはとにかく道案内!

船は本当に大きいので自分が何階の前なのか後ろにいるのか方向感覚も分けわからない状態になってしまいます。

デスクオープンと同時に、トイレの場所、ツアーデスクの場所、今開いているダイニングルームは・・・などなどを本当によく聞かれます。(自分の仕事は総合案内ではないのですが、お手伝いできることは最大限しています。他のクルーも)

確かに自分も初乗船のときはわけが分からず、仕組みになれるのに時間がかかったのでよくわかります。

初めてのお客様のキラキラ、ワクワクした好奇心はとても素敵です。

「え、どこのダイニングルームもただなの!」 (一部有料もありますがメインは無料です)

「夜のショー、予約しなくても見れるの??」

2日目も同じように場所やイベント時間を聞かれるのですが

「今のところ、もう最高。」

「おたくのクルーズ会社は初めてなんだけど、すごく良いね。違うわ」

 

などなど結構ポジティブなコメントをいただけたり、お困りの方も意外とすぐアドバイスできる解決方法があるものだったりします。

 

アラスカといえば大自然

皆さん、ツアーに参加し、犬ぞり、ヘリコプターに乗り、氷山を眺めたり、ゴールドラッシュで有名なエリアに行ったりなど人それぞれ。

船からも大自然がみれます。 クジラ、イルカ、アシカ?クマなどがみえると今の船長は常に船内放送をかけ皆に知らせてくれます。


f:id:yuki2328:20170820041502j:image


f:id:yuki2328:20170820041443j:image



大体、アラスカシーズンは4月末から始まり9月末に終わります。

流れている流氷を多く見れるのはシーズン初め。

7月、8月が繁忙期。家族連れなどもよくみます。野生動物たちが多く見れる季節ともききます。

そして9月。シーズン終わりなので街中で大セール。破格値でお土産が買えるらしいです。

 

最近オーロラが見える確率高いとの予報が出ているらしく、皆最近そわそわ。

しかし今週は天気が悪く、小雨だったり曇りだったりで残念な感じです。

アラスカは日照時間が長く、夏は夜遅くまでかなり明るいです。

中々、夏にアラスカクルーズでオーロラを見るのは難しいそうですが、

実際私が今乗っている船で昨年9月初めに大爆発のオーロラが見れたそうです。

ラッキーおきたらいいなーーー

 

 

憧れのYes/Noゲームショーに参加する

さてさて、休暇スタートする船に無事乗船。船内では様々なイベントが朝から晩まで繰り広げられ、私が今回絶対参加したいと夢見ていたイベントがありまして‥それは

 

Yes Noゲームショー。

 

このゲームはとってもシンプル。ステージにはインタビューする人と、される人。
インタビューされる人、つまり挑戦者は絶対にYesかNo、もしくは相槌をうったり、英語以外の言語でYes、Noの意味を含む言葉を言ってしまうとアウト。
Yes、Noを言わずに会話を3分間続けられれば挑戦者の勝利

このゲームがとっても面白い。ずっとクルーの時はTVでみてきてファンだった私は、初めてお客さんとして参加してみようと決心!
挑戦したい人は沢山いて、ショーが始まる前に紙に出身国と自分の名前を書き、ランダムにそこから挑戦者が選ばれるというもの。

ちなみに3分間会話を続けられた人にはシャンパンかお酒を飲まない人にはタンブラーなどがプレゼントされる。

この日のために練習してきた、私。。笑

この日のオーディエンスは50人くらい?もっといたかな。人のゲームは笑って見ていられる。司会進行していく人とインタビューする人、皆話の運びが上手い、うまい。ジョークも挟みながら。

そしてゲーム中盤に私の名前が呼ばれたーー
ついに!!


f:id:yuki2328:20170611131225j:image

マイクチェックをして、ドキドキしながら。

3・2・1・・スタート

インタビューしてくれる人と挨拶。

”So, did you have a good day?"(今日は良い日だった?)
この日はナポリで外に出たなぁーピザ食べたし良い日だったなーと頭の中で考えて
”Yes, I had a good day"
と速攻でYesと言ってしまった、私。自分でも気づかず、オーディエンスの皆がわーーと言っていて気づいた。
あんなに練習したのにまさかの記録7秒。。笑


f:id:yuki2328:20170608231552j:image

司会の人にも最短記録7秒ですと紹介され、ステージを去った・・・
ちなみにこの日は15人?くらいステージに立ったけど私が最短記録だった。恥ずかしすぎる。
しかもこれ船内テレビに登録され1ヶ月間いつでも見れるようになる・・一生の不覚orz

忘れられない思い出作りもできましたよっと笑

しかし、この記録は1週間後にフロリダ出身のマダムに塗り替えられるのでした・・笑 ちゃんちゃんっ。

ローマのアイスクラブに潜入する

さてさて、ローマに4日間。何をしよー。ひたすら美味しいもの食べて、ぶらぶらするのもいいけど、どっか行きたいなー。と相方ちゃんとお話。

彼女も私も観光名所といって言い所はほとんど回った・・
ちょっと面白いとこ行ってみたいという話になり。。
ホテルで貰ったローマ市内マップに乗ってたアイスクラブに行ってみようと。
マイナス5度?だかが味わえて室内の机やグラスは皆氷でできているという。
入場料15ユーロで1ドリンク付き、ローマ市内地図にのってるアイスクラブの広告を見せれば1ショットただでくれるらしい。
地図でみるとめちゃくちゃ簡単で、コロッセオのすぐそば。
なのに迷った・・・笑
けど迷っても町並みが素敵なのがローマ。
もっと分かり易いところにあるかと思ったら、意外と表通りじゃなく裏通りみたいなところにあった。


f:id:yuki2328:20170608232031j:image


f:id:yuki2328:20170608232048j:image

午後5時オープンのところ、午後5:30くらいに行ったところ私達以外誰もいなかった。そうだよね。早いよね。入り口でお金を払い簡単に説明をうけ、あんまり可愛くないビニールみたいなマントを着せてもらう。ファーとかついてて可愛いコート出て来るかと思って勝手に期待してた・・

こんな感じの防寒具をまとっていざ。

f:id:yuki2328:20170608232102j:image

(新しい携帯変なスタンプしかなかった・・笑)

中は結構狭くて、誰もいないし、とにかく寒かった。当たり前よねw
1ドリンク目オーダーするとアイスでできたグラスに飲み物が。テーブルも壁も。


f:id:yuki2328:20170608232210j:image

テンション上がって、たくさん写真をとるがやはり寒い。


f:id:yuki2328:20170608232234j:image

 

ネットで、1杯飲んでおかわりする人はほぼいないでしょうって書かれてた。寒くて皆出たくなっちゃうらしい。
しかも寒いからか、お酒ってあまり感じなかった。お酒強くないのに、飲めた。
頑張ってショットも飲んで、速攻外に。15分も滞在しなかったかな。
外のもわっとした暖かい空気に触れると、体の感覚が戻ったのが、お酒がまわってきたー。
そのまま駅に向かって電車で休憩。
ホテル近くのお気に位入りのご飯屋さんでディナー。
スーパーでお菓子とお酒、ジュースを買って、ホテルの部屋でお喋り。あー幸せやー。
休暇の自由な時間を満喫。
とにかく幸福度を次の半年連勤まで貯めなければ・・・

船から船への乗り継ぎ~不味いパスタを食べるinローマ滞在4日間~

半年間のお仕事を終え、今回は初めて休暇の1ヶ月を船でお客さんとして過ごすことに。

シルクロードクルーズといってヨーロッパからスエズ運河を通過しアジアに向かう船が4日後に港にやってくるので、それまで港から足を伸ばして4日間ローマで待つことに。

 

大学時代の友達がCAとしてヨーロッパに住んでいつので、彼女と前もって今回の休暇を一緒にローマで過ごせるよう計画をしてきた。

 

ローマはお互い以前来たことがあって、大体の観光名所は回った。

なので、今回の旅のテーマは"とにかく美味しいものを食べ、ゆったり過ごす。"

我ながら本当に贅沢だと思う。だってローマにきてひたすら食べては、ゴロゴロするんだから・・・最高なバケーションの幕開けやー❤

 

そんな私達ひたすら食べた、食べた。

パスタ、ピザ、ジェラート、、、、

そして粉もの、炭水化物ばっか摂取した後はアジア料理が恋しくなった。私はほぼ半年ちゃんとしたアジア料理は食べていない。。。。

ネットで調べて、美味しいらしいお寿司屋さん。

ハマセイさんのランチ、寿司セット。15ユーロ。絶品!量といい、お味といい完璧!


f:id:yuki2328:20170608214904j:image
f:id:yuki2328:20170608215024j:image

 

そしてRistorante Gainnさんの韓国料理セット。これまた確か15ユーロ。韓国の漬物類チマチマ沢山出て来る感じに感動。ローマでは野菜不足だったから本当来てよかったと思った。


f:id:yuki2328:20170608214909j:image

 

どっちも絶品、本当に美味しかった。

 

最終日はやっぱりイタリアっぽくパスタでしめようとジェノベーゼカルボナーラのスパゲッティ。イタリアで食べるパスタ、ピザはすべて美味しいんだと思ってた。

特に下調べもせず、目に入った人が多く入ってる割とテルミニ駅近くのレストランで。

まさかのこれが美味しくない・・・・!衝撃。しかも両方とも。食べる人によって賛否両論あるかもだけど、スパゲッティが茹ですぎてる感じ、ソースかかってるのに美味しくない・・イタリアで食べるからって全部が全部必ず美味しいってわけじゃないんだと学んだ・・・他のお店はめっちゃ美味しいとこばっかだったから余計ビックリ。

f:id:yuki2328:20170608214927j:image

 

けど締めは良くしたいから最後にテルミニ駅でレモンタルトとティラミスデザートに買った。これはめっちゃ美味しかった!


f:id:yuki2328:20170608215013j:image

 

憧れのギリシャへ行く〜サントリーニ編〜


ギリシャの中でももっとも楽しみにしていたのが、サントリーニ。
が、私まさかのIPM。。。IPMとは"インポートマンニング"といい、もしもの緊急時にそなえ行動するクルーの当番のようなもの。
すべてのクルーメンバーにそれぞれあった仕事が任されており、港につくときは必ず当番がある。
私の場合は各クルーズに2回くらいある。
まさかのサントリーニ、IPMということは船にいなきゃいけない。。。ただただ船から外を眺めるだけ。。。
でもIPM、どうしても代わって欲しいときには同じ当番ローテーションの人達に相談してもし、どっとみち仕事で出れない人なんかがいたりしたら代わってもらったりできる。
ただ、今シーズン第一回目のサントリーニ。。。みんな出たいところ。
しかもIPM交換(お互いのIPMを交換)ではなく、ただ代わって欲しいだけなので聞きづらい・・・
同僚で仲良しのOBSM(次回のクルーズ予約をしているマネージャー)とサントリーニの話に何故かなったときに「憧れのサントリーニ、IPMなんだ。今回最初で最後かも。アン、外でる?」
て聞いたらアン、「え!行ったことないの!しかも、これ逃したらもう下船じゃん!サントリーニ大好きだけど何十回も来たことあるから(彼女は10年以上働いているベテランさん)代わってあげるよ」
とのこと。
めーーーっちゃ嬉しい!!
しかもいろんな人に長年夢見たサントリーニ・・という話をしたらOia&Fiaのツアーにいかせてもらえることに。
ギリシャの島々は大型客船が着岸できず、テンダーボート(小型船を出して港と船を行き来する)になることが多い。
テンダーボートを降りると、サントリーニの断崖絶壁。。。その上には真っ白な家々が。
そこまで行くにはケーブルカーもしくはドンキーにのって崖の上まで。
その登ったところがすぐFiaという町。
Oiaというのが最も有名でサントリーニの写真によく使われる青い天井ドームの教会と町並み。
そこまで行くにはツアーに行くしか方法がないらしい。

朝8時出発。めっちゃ曇り。
え、念願のサントリーニ。。。

f:id:yuki2328:20170608024637j:image
雨とか降ってくるんじゃないかってくらいのどんより。テンダーとバス移動をしてOia(発音はイーアらしい)に。
そしたら奇跡的に晴れてきた。
そしてギリシャでもミコノスともカタコロンとも違う感じ。
バスから見える景色にちょいちょい、畑っぽいのが。ガイドさんによると、サントリーニはワインが有名らしく栽培も行われている。が、他のワイナリーと違うのが、ブドウを吊るして育てない。


f:id:yuki2328:20170608024835j:image

崖の上にあるワイナリーは季節によっては強風でブドウが全て飛ばされてしまうそう。
なので、ブドウは土の上で育てられるらしい。面白いなー。
そしてOia周辺にはホテル、お土産屋さん、レストラン等があるんだけど全部ユニークな形、けど統一して白い壁にポイントで青が入っている。
そしてかなり高い崖の上にひしめき合っているから絶景!


f:id:yuki2328:20170608024934j:image
f:id:yuki2328:20170608025103j:imagef:id:yuki2328:20170608025144j:image


ちなみにOiaの意味は”ユニーク””唯一無二”というよーな意味だとガイドさんが言ってた。
一度はみたい、絶景。来れて良かった。本当に綺麗だし、こんな風景他ではみたことない。

f:id:yuki2328:20170608025009j:image


f:id:yuki2328:20170608164134j:image

お土産も超絶可愛い!しかもそんなに高くない。


海、火山層、統一された真っ白な建物、みるもの全てに心奪われる。


f:id:yuki2328:20170608025421j:image
f:id:yuki2328:20170608164105j:image



そんな経験がお仕事しながら、出来て本当に私は幸せものだとともにアンやら上司やらツアーの子やらに感謝の気持ちでいっぱい。
この後は本当お仕事頑張ろっ!!という気になった。
さーがんばろ。

 

ちなみに後日またサントリーニに来たのだけど、二回目は客船が3隻来てて、ケーブルカーの待ちが登りも帰りも一時間くらいかかった。一回目は一隻しかきてなかったから空いてたし、帰りのケーブルカーもそんなに待たなかった…船で来るなら、他の船が沢山来てない時のが断然いいなぁー

ケーブルカー待ちきれず、ロバで登ってた人達もいたけど、帰りは特に危険らしい。乗ってみたかったけど、いろんな人のロバ体験談聞いてやめた^^;